まさと脳神経内科クリニック

  • 標準

設備紹介

医療機器

MRI

脳や血管などの異常・病気の発見のため、当院では高磁場MRI装置で検査を行うことが可能です。検査で使用するMRI装置は、大きな磁石による“ 強い磁場”とFMラジオに使われているような“電波”を使って体の内部を画像化します。そのため、MRI検査では放射線による被ばくがなく、小児や健常な方も安心して検査を受けることができます。
磁場の強い装置ほど、“画質が良い“、“検査時間が短い“といった長所が発揮されますが、検査音が大きくなってしまうといった短所もあります。当院で採用している装置は、高磁場MRI装置の中でも検査音を大幅に抑える機構を備えた装置を採用しておりますので、MRI検査に苦手意識がある方もお気軽にご相談ください。

※強い磁場を使っているため、CT検査には見られないMRI検査ならではの制限や注意事項がありますので検査についての詳細は当院スタッフまでお気軽にお問合せください。

骨密度測定装置 Chorale

当院では、骨密度測定装置GE(ゼネラルエレクトリック)製Choraleを設置し、骨粗しょう症の予防、診断および治療に取り組んでいます。

骨密度測定検査について

骨折すると多大な苦痛を強いられる脊椎部、大腿骨部の骨密度を測定することができます。
測定は約10分以内、痛みもありません。

ページTOPへ